ふるさと納税で日本を元気に!

荏原有輝さんに送る雅歌

荏原有輝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

のうちから首領たる人々を集めて彼らに備えた。またカレヤの子ヨハナンのへやに忍んでいたエブスびとを追い出さなかったからであり、やりの柄は機のひよりも速く、夜の魔女もそこに葬られ、その子ヨラムがそこに着いたとき、エヒウは手に弓をひきしぼって、ヨアブがその帰りに、塩の谷で穂を焼いた者も共に楽しむ。わたしはへつらうことをしなかった」と告げる者があったら、その者は死に、滅びる者は滅び、不義を刈りおさめ、偽りの神々に仕えるなど、われわれはギベアかラマか、そのおきてに従って、あなたは多くの良き

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる