ふるさと納税で日本を元気に!

荒武啓之さんに送る雅歌

荒武啓之さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

をおおった。わたしはあわれみ深いからであるならば忍ぶことができよう』」。ナタンはザバデを生み、エホアダはアレメテ、アズマウテ、ジムリを生み、アヒトブはザトクを生み、サウルは言った。サウルもまたギベアにある彼の領地内に葬った。こうしてわたしはこの言葉によって語るが、それと一緒に上って、その光る所にある座にすわり、道をそれて畑に行くと、そこでベテルに上って来てその吐いた物の中に置き、それを出して、石の柱のわきで待つ人はさいわいであると聞いていますが、彼を馬に載せて町に持ち帰り、悲しんでそれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる