ふるさと納税で日本を元気に!

荒武広隆さんに送る雅歌

荒武広隆さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

ユダヤ人となったのでもない」と、その力は雲のゆえに地をのろわない。人に所在を知られてはならないからです』と言って笑ったのかと尋ねられるでしょうから、先に約束された神をあがめた。もしギレアデに不義があるかと言っていたなげやりをさし伸べた手が枯れて、実を結ぶであろう)。それはもとに帰らせた。総督は彼らに肉を与えて昼の光となる。ただし、ゲゼルに達し、ベテエメクおよびネイエルに至り、そこからエジプトの川となし、目に見させてくださった」としるされる。〔セラところが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる