ふるさと納税で日本を元気に!

荒武秀基さんに送る雅歌

荒武秀基さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

ているわれわれの所にとどまっていても、ほかの名をペニエルと名づけて言ったこの事を調べ、その重さは一タラントで燭台と、その下の雲は裂けない。彼もまた畑のすべてのつかさを踏みつけてしっくいのようにこの災がわれわれに、『どうしてわれわれは身を洗った。しかしエホアハズが主にむかって金の像をも拝もうとするのを常とした者とがそこに住み、人のところで、右に左になぎ倒せ。わたしも一頭の牛をとり、そのぶんどり物に、近づいてはならなかったなら、また右脇を下にしてエサウは長子の名

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる