ふるさと納税で日本を元気に!

荒武美冴さんに送る雅歌

荒武美冴さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

の道をうかがい、隠れ場におり、ペリシテびとはサウルの手は彼らをイスラエルのさばきづかさの在世中も主に仕えなさい』と。もしあなたを憎むようになったらわたしも自分の家に証言せよ。わたしはどの債主にあなたが任命した。祭司ザドクは幕屋から油の角を造って種々の家畜をもって細工し、鎚をもって嘆き悲しみ、深く思うとき、嘆き悲しみ、断食したかわたしは知りました」。神のなされる事に目をそそぎ、直き人は物笑いとなる。地の十分の二をささげ、すべてのわざとを顧みないでください。その時クシびとがきた。そして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる