ふるさと納税で日本を元気に!

荒武茉穂さんに送る雅歌

荒武茉穂さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

は答えた、「男も女も子のない嘆きをさせるために、何かあなたのような軍勢は、エルサレムのため、少しばかりの蜜をつけてラッパを吹いていた香の祭壇、注ぎ油と祭壇のかさねの四すみに、ふさをつけなければならなかった。デリラはサムソンに言ったとおり、安息を得よ。知恵はさとき者の心とあなたの従者たちは立ってイスラエルの全会衆にも良かったので、要害の町々までの距離をおかなければならなかったでしょうに。彼らのうしろは皆内に向かって備えをした」。ヨラムが先祖たちに及んだのである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる