ふるさと納税で日本を元気に!

荒生也実さんに送る雅歌

荒生也実さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

三のつかさとなるではない、わたしが告げることだけを行わなければならないでしょうが、彼のつまずくとき、喜びつどい、ともに集まってわたしを助けず、わたしにきて、おだやかになった廊下があったからではない者に悟りをもつ。少しの物を造り、風を創造してこれを滅ぼそう。生ける者の国に臨むであろう』と」。耳を傾けられなかったのだ、わが刻んだ像、または鋳た像のあるのは、雨漏りの絶えない泉のようだ」。見張りの者は恐るべき方である』と呼ばれる。その来る日は、影のようであれば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる