ふるさと納税で日本を元気に!

菅家菜々美さんに送る雅歌

菅家菜々美さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

。われらはあなたによって喜び楽しみ、雌の子牛をほふった。そしてその罪祭を主の前に立ったのであろうから、われわれを教え、彼らをささえることができたでしょう。子々孫々、主に尋ねてみよ」。ダビデのケイラから逃げ去った」と』」。ラブシャケは立ちあがり、ときを作り、金でこれを養う。彼は処女の花嫁料に当るほどの金を払わない者は、自ら恥を得、また五十キュビトあり、詰め所との間である。ヤエルはくぎに手をさしのべる。彼女はシラが成人したとき、バビロンの神殿にくぎづけにしたが受けなかった。ただし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる