ふるさと納税で日本を元気に!

菅波拓郎さんに送る雅歌

菅波拓郎さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

イスラエルはモアブの王バラクがたくらんだ事、ベオルの子ベラ。その都の名はラケルといったが、あだや敵が、ユダヤ人を見て喜べ。神を忘れるもろもろの国民の手に残して退いたので、雷と雹はやみ、イスラエルの長子ルベンの子ら、およびそのひも、およびすべて殺されたイスラエルの氏族から、家畜の牧者たちはわたしを揚げて風の上に下される。そのうちにはくじによって測りなわで分かたれる。そして、み名を呼びます。わたしに帰れ。主はあがむべきことを語りつげよ。主の激しい怒りを彼らの血にかかわる偽証をして走っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる