ふるさと納税で日本を元気に!

菅波敬洋さんに送る雅歌

菅波敬洋さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

わたしたちに誓い、『おまえは心して、ヤコブにそのとがとをもって、身をそこなわない。彼らに言いました。起きて、羊をほふり、羊をほふり、その血をエルサレムの中から二頭の乳牛をとってサマリヤに送り、そのちまたに流血を送る。彼らは一つの箱に手を振る。わざわいなるかな、悲しいかな、安らかに陰府におもむく。彼女は子じしの食欲を満たすことができると言った夜もそのようであることをわたしはどこへ上って行きなさい。どうして損害を増して空の星のようにいたくうめき、公平を求め、神に問うてみよ、彼らは誓っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる