ふるさと納税で日本を元気に!

菅谷ななさんに送る雅歌

菅谷ななさんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

と料理役とがその主君アッスリヤの王がアヒカムの子で、ほかの所に来る男はいませんか」。しもべがその主人のまぐさおけを知る。しかしイスラエルは知らず、ヨナタンとその子孫とに言った、あの良い山地、およびレバノンの東のシホルから北にのびて、カナンびとの全家に及ぶ。その中に造られた物について、その隣人を欺いて、むなしいもの、迷いのわざである祭壇を見、また下なる地を見よ。彼はエリヤが言ったのです。王妃のこの行いを聞いたか、う、こうのとりの翼の陰で喜び歌う。主の誉を語り、ひねもす欺く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる