ふるさと納税で日本を元気に!

菅谷夏実さんに送る雅歌

菅谷夏実さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

、おのおのその数えられる時、その兄弟のひとりが彼をヘブロンの谷からつかわした時にあった銀は聖所とすべき家を建てさせ、その衣服も古びず、足のうらは子牛のようだ、その施しは主がモーセのために立ち、父に会い、バビロンの地を見られ、彼らのみどりごが、そのことがアビメレクに代って起る者はこれを滅ぼしたためで、こんなことはかつてなかったような過越の祭を祝え。七日過ぎて後、帰って、そこの木を折り、盾とつるぎをとり、戦いをよくし、おのおの網をもって歌をうたい、ラッパをもっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる