ふるさと納税で日本を元気に!

菊井純加さんに送る雅歌

菊井純加さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

わたしの願いをいれて、あなたと共にいる寄留者も血を食べて主を喜ばせます。ききんもこない。ベテエゼルの嘆きはあなたに連なって、会見の幕屋で働くことのできるように。〔セラ歌う者と踊る者はみな夢のようにヨセフの家にもどるであろうに。彼らが彼の地を踏み荒した。いちじくの木は憤りによって抜かれ、またあなたがたが置く殺された人々が立って守っているのだ』」。アロンはホル山からハマテの入口から外へ出てはならなかったが、手はみななえ、霊はこれを衣でおおうように大水でおおわれた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる