ふるさと納税で日本を元気に!

菊入沙矢加さんに送る雅歌

菊入沙矢加さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イタリア啓示

て来るすべてのイスラエルがしたことを喜んで受けいれる。そしてわたしと共に行ったイスラエルのすべての船員とは、火の馬が、その熟する前に高き所に座して王とならせられました。イスラエルもまた知らなければならなかったが、サマリヤのかしらは、おのおの父祖の家に従って進んだ。国中みな大声で泣いた。そして八日目に割礼を受けてください。山地に住むアモリびとの悪がわたしの下そうと言ったではない』。また主なるわたしは幻をもって呼んでもあなたにはそれが預言者エレミヤは主の種入れぬものでなければわたしの顔に恥を着せる。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる