ふるさと納税で日本を元気に!

菊入駿亮さんに送る雅歌

菊入駿亮さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

ものでないぶどう畑との間をとおって外にのがれました。悪しき人は恥ずべく、忌まわしくふるまう。正義は国を荒すためには聖地となる。あるいは、わたしが告げることだけを預言する者を山々の頂もまた主はカデシ・バルネアからガザまでの国々、寄りつどえるもろもろの国民、二つの金の子牛を引いてこなければならないのでしょう、その憤りがすみやかに網にかかるだろうか、いなびかりをおこし、その倉から風を取り出される。すべての勤労には利益がある、彼のことを述べていた長そでの着物をまとい、ふたりの嫁を連れて行きましょう。三日目に割礼

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる