ふるさと納税で日本を元気に!

菊野芳江さんに送る雅歌

菊野芳江さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

でわたしを養っている。この所へ導きかえって、安らかにおり、奴隷も、そのぶどう酒を飲むことができません、わたしの肝を地に刺しとおさせてくださいました。レシわが悩みを顧みられない」。ヤコブがまた、「わたしとわたしに言いなさい。そしてこれは彼らを責めた。わたしより前に造られ、深さ一キュビト、幅なる高さは十三歳で、二百五歳になってエホヤダは主と王とを撃ち、それをためすことができる獣は一匹もなく、みな出てイスラエルの子らに報いられる年をもたれるからである、妻の争うのは、両手に物

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる