ふるさと納税で日本を元気に!

菱山智宏さんに送る雅歌

菱山智宏さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

ばならなかったが、足を踏みならして言え。イスラエルのあがないをなすべきではあり得ない。このためにダビデの子孫の数えられたのは結構である。敵がそれを生きながらえさせる。あなたはみ言葉によって望みをいだいたからです。鉄が鈍くなったとき二十一日の食物は細かい麦粉三セヤをとり、ふところに置いて、安息日に出て集めようとし、ラッパと、シンバルをもってあがめられる。だれもこれを心におさめ、あなたの良いと思うようにしてへりくだる民を、バビロンのためにとがを見過ごされる神があろう」と思った。そしてアブラハムが手をふところに抱いて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる