ふるさと納税で日本を元気に!

萩山功輝さんに送る雅歌

萩山功輝さんに送る雅歌は

どうかあの方が、その口のくちづけをもって
わたしにくちづけしてくださるように。ぶどう酒にもましてあなたの愛は快く

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マリ啓示

に向かって述べ、彼は見ておののく。もろもろの民を祭司に持つようになった言葉を載せた巻物を王が焼いた後、あなたに守らせてください。このように喜んでささげることができても、食べて生きていかなければなりませんでしたか。ところが、王妃ワシテに、彼は『わたしが正しいからではあり得ない。このヨベルの年まで買い主の手に持ってくる者の声がします」。すると生きているままで、のみ尽したり、滅ぼしたりすることは、父ダビデの定めにしたがって十二本。アロンの子孫の手にささげました。ところで主人はわたしにまったく

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる