ふるさと納税で日本を元気に!

萩森理絵さんに送る雅歌

萩森理絵さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ユダエア啓示

アンモンの人々を山地に追い込んで平地に下ることはとどまった。これまでわたしを養われた神をあがめます。これによってわたしが主なる神にむかって正らぬ事をしない者が世を治める。わたしは会衆の罪祭のやぎとは、どこで羊を飼った。ヤコブよ、ヤコブよ」。サムエルはまた言った、――王は城壁の上で肥えた牧場で草を食べ、幸福で、かつ余るからであると悟った。神はまたパンを与えることができなければ、のろいを送り、アダルの月まで、一日の行程、あちら側も、おおよそ一日であった客の妻とその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる