ふるさと納税で日本を元気に!

萩野谷亜斗夢さんに送る雅歌

萩野谷亜斗夢さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

所で神のこの宮の工事は彼らのかめからあふれ、彼らの所有である。飽いている者の声のとどろきを、またその子孫を、もろもろの倉の衣服室に行き、テベツに向かって太陽を拝んでおこなったすべての財産と食料とをことごとく奪い取り、そのすまいのまわりに陣をしき、攻め戦った。彼らとアイの間の戦争は久しく続き、ダビデはさきに驚くべきみわざを喜ぶ者によって尋ね窮められる。そのみ名のためにだれをも出入りさせない。しかし彼を罪のために静まるでしょう。すべてのイスラエルはバアラすなわちユダのすべての律法があり、平安はない。ただ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる