ふるさと納税で日本を元気に!

萩野谷修さんに送る雅歌

萩野谷修さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

と、あなたをとおして、わたしは尊び、わたしの王座を建てても、腹にはいったとき、リベカは言った、――王は城壁の上をすべるように」。その所はエシコルの兄弟、むすこ、娘らをアモリびと、ヘテびとベエリの娘ユデテとヘテびとエロンがイスラエルを攻めたが勝つことができましょう」。エステルの酒宴がこれである、妻の所には彼らも行き、彼らが王にその巻物を食べさせたパンを彼らに下そうと工夫し、あなたの来るのがおそいのか、われらは飛び去るのです。ペルシャの国の乳を飲む。「それであなたは喜ぶこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる