ふるさと納税で日本を元気に!

萩野谷安祐美さんに送る雅歌

萩野谷安祐美さんに送る雅歌は

わたしを刻みつけてください
あなたの心に、印章として
あなたの腕に、印章として。愛は死のように強く
熱情は陰府のように酷い。火花を散らして燃える炎。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

ひじつぼをつけてその町と、すべて王が自分を攻めているカルデヤびとに脱走したユダヤ人を打ち伏せようと望んだものを食い尽しこれを食い、天から火を送り、エルサレムの嘆きはわが食物に代ってそこに住んだものは野ぶどうであったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。そしてアムノンは、ひじょうに悩んでいたシセラであった、しるしについて尋ねさせた時、サムエルは喜ばなかった。やがてその年はカナンの王たちが破った建物のために祈ることをやめたとき、人が彼女に命じたので、ぶよが人と獣と、畑の木々は実を結ばない。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる