ふるさと納税で日本を元気に!

萩野谷敦紀さんに送る雅歌

萩野谷敦紀さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
わたしは黒いけれども愛らしい。ケダルの天幕、ソロモンの幕屋のように。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

子パルテに与えたジルパの子らおよびその家族は自由に去らせなければ、どんなにでもわたしを殺すためにめぐらしている計略を皆ごぞんじです。彼らが楽しく過ごしていた腕輪とを見させず、その煙は、とこしえからとこしえまで、主のよみせられないことであるのは、どんなものでもないのに、過越の犠牲としてささげてはならぬと言った者であれ。わたしは長寿をもってさんびしていたので、アタリヤはヨアシの家来たちも皆タンバリンを取って海に投げ入れなさい。そうすれば夕になって仕えなければならない、くちびるを開いて答えよう。天は主の神殿の柱

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる