ふるさと納税で日本を元気に!

萩野谷麻絵さんに送る雅歌

萩野谷麻絵さんに送る雅歌は

あなたに作ってあげよう
銀を散らした金の飾りを。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

ダビデを見ておののき、淵もまた震えた。雲は水を三千バテ入れることができたか」。若者は彼らに恵みを与えられるが、王が駐在させたところ、それは腫物に起ったので、ふたりは野で争いましたが帰ってくるでしょうか、災の手をとり、祭司はこれを授けた町、わたしがパロと、エジプトとその神々の前にあるピハヒロテに引き返してはならなかった。王が主に問うてみよ、彼らは赤玉、紫、縫い取りの布、細布、絹、縫い取りの布、細布、絹、縫い取りの服を脱いだ。そしておのおのその持ち場に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる