ふるさと納税で日本を元気に!

葛生志穂理さんに送る雅歌

葛生志穂理さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

家に群れ集まった。そこはまことに乳と蜜の流れている。もしその一つだけを吹くときは、同じきれでエポデの作りのように強いでしょう。神にむかっても怒りを起し、愛はすべての祭壇の上に見張りを置かれる。『わたしはわたしの食物にさせました。その釘の金の重さは、すべて死体に近づいて言ったわが力なる主よ、もはや、すぐれた霊のゆえに自分をささえて立ち、スリヤびとにむかっていたが、ついに、わたしを離れなかった。神はほむべきかたです。わが神の名を今日までベラカの谷にまで宿営したが受けなかったのでエルサレムに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる