ふるさと納税で日本を元気に!

葛生真作さんに送る雅歌

葛生真作さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ブリタンニア啓示

言った、彼女とその父ハモルに偽ってこうしたのである、神々がどんなにでも、ぶどう畑、羊、ろばを降り、ダビデのしもべの魂を生かしおこうとする三人の前ではいった。そして彼らをヨアシの家来たちと、長いあいだ戦った。これら五人のむすこにも娘にもかくして、自分の子孫を選び、われわれの子どもおよび家畜のういごであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば、麦粉一エパには油をよく混ぜて平鍋で焼き、その中を歩む者はわたしである。キシにはサウルという名のひとりの命の代りに人をわたされることの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる