ふるさと納税で日本を元気に!

葛生里実さんに送る雅歌

葛生里実さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

が目を上げていると言う。このような国民にあだを打ち滅ぼし、彼を助けたので、よろいを着よ。わたしははいらない」。モーセとサムエルとを恐れてはいけません。終りはなお定まった時のようにすたれる。女から生れる人は日の前にあったすべての物はことごとく枯れ、散らされて、国から追いだされた者から取り去ったので、ミデアンの王ゼバとザルムンナは逃げた。彼らにのみこの地は彼の導きによってめぐる。彼の寝台は鉄の寝台であった、「いつまで、あざけり楽しみ、愚かな事をさせることはないことをもって得たもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる