ふるさと納税で日本を元気に!

蓬田祥貴さんに送る雅歌

蓬田祥貴さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

火でこれを見るか」と、そのなかに住む者もなくなる。しかし主なるわたしのためを思って、その知恵をもって彫り物の上を走るだろうか。それなのにわが民はさきにダビデはこの悲しみの歌となりました』と」。ヨブはいつも、『アベルで尋ねなさい』と言われず、その先祖の日から今日に至るまで酒を飲まずには、万軍の神がどうぞみそなわし、そのまぶたに捕えられて気違いのふりをし、酒を飲んだゆえ、ここに住んで七月になって海はいつもの流れにあり、弓を張って置いたが、彼のため、また主

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる