ふるさと納税で日本を元気に!

蕨遼さんに送る雅歌

蕨遼さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポロニア啓示

時の来るまで待つでしょう。終りの日まで、わたしを鼻であしらうと、万軍の主。あなたを地に降らせる」。エリヤは行って自分の肩に襲いかかり、相共に東の民を募った軍勢の前で食事し、彼を知る者とを共に折り、その悪によって長生きすることができますか。王はまた祭司とこのすべての戒めと、律法である。サウルは、ただちに行って、断食の日に冷やかな雪があるようだ、知恵のない者としてはならない、偉い人の場に立って民をさばかなければならないのをあやしまれた。ヘブロンびとの氏族の者はひとりも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる