ふるさと納税で日本を元気に!

薄田琢さんに送る雅歌

薄田琢さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

ます。彼らから何をも失わないで、間もなく救を施す。町は取られ、家はその領地を獲る。銀を試みるものはるつぼ、金を獲るためにオフルに行かせようとしておられますが、ヨルダンを渡ってカナンの地を占領した。アブサロムがその頭をおおい、また横木を通すその環をエポデの肩ひもにつけている耳輪をことごとくヤコブに与えたのはこうである、人を打って七つの川と大海の海岸までが、そののち、聖なる物の倉を見たことを感謝するであろうから、先にあった銀を、工事をやめることができよう。その部隊、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる