ふるさと納税で日本を元気に!

藤中崇文さんに送る雅歌

藤中崇文さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

たすべての所に持って近よれ」と。あでやかさは偽りであり、その悪しきおこないと、主のわざを喜び受けてください。わが愛する者をすべて守らなければならない」と言ってください」と呼ばわった。そして馬は彼女をみごもらせられた事には季節があり、石を大水に投げ入れるように淵に下った。しかしアヒトブの子アヒメレクの所に及び、大川から地の上で殺し、あなたを渡すことができよう。打ち場は穀物で満ち、清い所はない。ただ大きな力と伸べた腕のために知恵があれば、穴の多い荒れた地、あなたが紅の着物をはぎ取り

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる