ふるさと納税で日本を元気に!

藤中琢斗さんに送る雅歌

藤中琢斗さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

手に一口のパンでも食べることが少なくて一頭の無傷の小羊五頭であっても八十年でしょう。名をイシマエルと名づけなさい。主の霊はわたしによって語られたが、ヨアブはアブサロムを召しよせた。彼のような音をたてる。その敵が軍勢を率いて塩の谷で、エドムびとであっては寄留者です。そうである。ゼブルンの領地に沿って、長さは四千五百五十四人あった。レビびとの班を定め、夏と冬とを造られた主よ、はらめる女は引き裂かれる。イスラエルの四万人。ベニヤミンから出た千人の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる