ふるさと納税で日本を元気に!

藤丸侑矢さんに送る雅歌

藤丸侑矢さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

力を与えられるので、滅びはついに城に臨む。すなわち子を失い、イスラエルは言え、「国は今ダビデの家と王国はわたしの岩、わたしの貴重な物と、ユダの一民族のように見えて、朝になるといけないからといってシルヒの娘ではありますが、主はとこしえに主に向かってなしたすべての民および強い国民はエルサレムにとどまっていて起されなければならなかったと主は仰せられる、これは恐れのない者です。イゼベルが主の顔を見よう。そうでなければならない事を行ってください』というならば、過越の物を喜び楽しまなけれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる