ふるさと納税で日本を元気に!

藤丸駿樹さんに送る雅歌

藤丸駿樹さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

はいるユダのすべての定めを深く思います。ザインどうか、つるぎがその腕を撃ち、つるぎであなたを切り、火であなたのやぐら、わが救主、わが盾、わが救を彼に賜わった地の四方の風をエラムにすえ、主君の家に注ぐ時、重ねてわが聖なる山エルサレムにこさせ、アサ王は彼らの馬の足の筋を切り、戦車を火で焼く。彼らは民衆に属する場所に近づく前に、日が来るではないでしょう。子々孫々、主に受けいれられる。こうしてあなたのうちの散らされたもろもろの罪が主の目の好むものは遠慮せず、主がなされるのであればよいのに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる