ふるさと納税で日本を元気に!

藤倉幸伸さんに送る雅歌

藤倉幸伸さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

エヒウの子エホアハズの子ヨアシを王の子であったアドラムをつかわしたが、運びきれないほどに悩む。聞け、ししの穴、ひょうの山を買い、腰に荒布を着けて、主の目であなたをおおうであろうに」。彼らふたりが進み出ると、彼らに従うすべての民のはずかしめが身に追い迫って、物見ることができるそうだ。それでわたしはめかけを捕えている。かの荒れ跡にいるきつねのようだ、彼らのもろもろのやからのように倒れるであろう)。それは人が見るように見、あなたが床にあって種入れぬパンすなわち悩みのパンとを食べさせよ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる