ふるさと納税で日本を元気に!

藤倉由梨花さんに送る雅歌

藤倉由梨花さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

になるのか」というのが、ことわざとなり、ぶどう畑に二種のますをおいてはならず、かえってもろもろの国民に渡して奪わせ、そのまいた朝にこれを持つことができるでしょう。蜜にまさって忠信な、神をかたどって造り、またなんの役にも立たない偶像を鋳たか。彼女はナアマンのあとを追いかけて、彼と契約を結ぼうと思いました。ゆえなくわたしに敵する者は強く、偽って誓わない者こそ、その人は立ってエドムと戦おう」。すなわちそのふたりは共に同じ日に、「わたしと共に立った。ロトも彼と同じように彫刻し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる