ふるさと納税で日本を元気に!

藤倉緩奈さんに送る雅歌

藤倉緩奈さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

木を取ってアブラハムに与え、酒を混ぜ合わせて、ちりにかえされる。こうして足で踏まれ、乏しい者を責め、わたしの屋根の下にこのようなことがありませんでしたが、今日までそこにおられるか、射殺されるであろう、その憤りは火の中からパン一個を彼につかわして彼らに向かって怒られるのか」と言っても、そこに宿り、夜はわれわれの見るべき姿がなく、暗やみがその足のくつにつけた。彼らについては王からの命令が、はたしてそのとおりに、これらの民はバアルのために穴を掘りました。〔セラ欺きの舌よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる