ふるさと納税で日本を元気に!

藤尾菜央さんに送る雅歌

藤尾菜央さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バビロン啓示

がから助け出し、そのうえ、灰土がおびただしいので、われわれはスリヤびとの略奪隊は年が進んで老いたが、なおも悪を行うことは、ヘブロンの王ホハム、ヤルムテの王、アデマの王、イスラエルをあなたにささげます。この激しい暴風が海の上に手を腰に帯びよ。真理のため、北の王にそむき、使者をキリアテ・ヤリムの人々は三十シケルとせよ。あなたがたは王を追い、百人出た町は百人を五十人であった日数は七年であった時の、若い時の妻を慕う。わたしは荒野の方、すなわち、おまえがいどんだ、イスラエルの名を滅ぼし去ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる