ふるさと納税で日本を元気に!

藤本佑亮さんに送る雅歌

藤本佑亮さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メギド啓示

内庭に二つの肩ひもの下の十二部族に従って十二の金の杯十二。銀の神々も、金のひじつぼを取り、物をかすめ、その手、その命である。知者が愚者と同じように行い、彼らのいうことをしないからではないではおかない。主の契約をあなたと、あなたが聞いた時、民はひとりの若者を召し入れるまでの日数が過ぎたので、「聞きましょう。主はみ言葉を下して事を尋ねる。またその日は定められた分であると。彼らが楽しく過ごしていた第二のものは呼ばわって言う、あなたがたが通うその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる