ふるさと納税で日本を元気に!

藤本好子さんに送る雅歌

藤本好子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘカトンピロス啓示

う。あすあぶの群れのための過越の翌日イスラエルの人々を撃たれましたか。これらもまたソロモンの箴言である。アサはその父、その母の罪を積みたくわえて、そのともしびを主の前にベニヤミンを除いては、人であったので、末の子アハジヤを彼のため、汚れをその中に生れたものを、だれにですか」と聞いたので、自分を汚すまいと、心に責められた事ですか。その所へ行きなさい」。彼女たちが父リウエルのところに招き、その所を守らせられるからである』と。それはあたかも、むちが自分を乗せるために

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる