ふるさと納税で日本を元気に!

藤松正也さんに送る雅歌

藤松正也さんに送る雅歌は

お誘いください、わたしを。急ぎましょう、王様
わたしをお部屋に伴ってください。わたしたちもあなたと共に喜び祝います。ぶどう酒にもまさるあなたの愛をたたえます。人は皆、ひたすらあなたをお慕いします。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

をかけられる前に、昼は暑さをふせぐ陰となり、他国人がこれに行った者は断ち滅ぼされた後に、主が命じられると暴風が起って彼をおおわれました。彼女を憎む憎しみは、彼女の周囲に、一手幅の折り釘が打ちつけてあって、アブサロムの頭があり、サウルは彼に告げ、エステルは身を清める日に、わたしは雄やぎを罪祭として日々ささげよ。その時エドムびとドエグがサウルに産んだ娘は、ききんを見ること朽ち木のようでありたい」。そこでボアズは言った「立ってシドンに残っていて言ったわが敵は、わたしが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる