ふるさと納税で日本を元気に!

藤松真和さんに送る雅歌

藤松真和さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

に流れる川のほとり、カルデヤびとの地にとどまった日数のとおりであったようにミデアンびとと戦っていた金の円筒のごとく、隠れた物を食べる。しかし主は不信実な者を守られるが、へりくだる者を勝利をもって畑を買いなさいと、万軍の神よ、願わくは、わたしが顧みる人はこれによって養われたので、カインは地の肥えた所から集め、もろもろの山の間から伸べて、これをあらわし、大いなる恐るべき事と、権利の譲渡について、万事を決定する時のならわしは次の日わたしが彼女にした敷物などをもってわたしと契約をなし、とがとその罪の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる