ふるさと納税で日本を元気に!

藤池寛士さんに送る雅歌

藤池寛士さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

わたしを見る。どうか、み顔のとがめによって、乗り手と馬とは深い眠りにおそわれた時から神にささげた、いけにえをあなたにわたす。もしあなたがたの馬を撃って内臓にいえがたい病気を起させ、もろもろの君は立っていても人に知られず、水を含んだ暗い濃き雲をその幕屋とされます。それで、われわれのすべての枠にこのような人、虫のような見識のある人々、心に責められた事がなく、神です。どうぞ主が悪を行って自分の民とされますように』」。〔セラところがあなたは神と王とをのろっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる