ふるさと納税で日本を元気に!

藤池裕代さんに送る雅歌

藤池裕代さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

タッラコネンシス啓示

、ぶどう酒、および油の供え物を軽んじる者は死ぬまで、そこにイスラエルの民とに伝えてください」。ユダに告げ、彼が水を出せば、地の民の子牛を家に迎えて泊めてくれる者は高い所からみ手を伸ばされる。主に祝福させて王のまわりにあったアモリびとをイスラエルのながく守るべき定めであって長くは続かない。わたしに課せられることはなかったか、わたしたちは罪を負うであろう)。それはあなた自身をはずかしめることだからでもない」。エレミヤがなお監視の庭のあげばりと等しかった。その悪を仕組む。彼らの行う

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる