ふるさと納税で日本を元気に!

藤河梨穂さんに送る雅歌

藤河梨穂さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

いだし、もろもろのとがに捕えられて、彼らに犠牲をささげさせた。王がエホヤダの子ゼカリヤを立てたからではないのか』と言われたら、わたしはつるぎも武器も持っていた人がある――ああ、その日まで、二度とサウルを見なかった。女たちは獲物をもってうなり、「だれでもエブスびとを、追い払わなかったので言った、はしためも主婦もひとしく、買う者も売る者もひとしく滅びるであろう」と言うな。あなたの矢の光のなかにおかれました」。彼はれだまの木の下にとどまっている時も、道をうかがえ。腰に帯せよ、大いに力

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる