ふるさと納税で日本を元気に!

藤河礼華さんに送る雅歌

藤河礼華さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カルタゴ啓示

これはツリシャダイの子シルミエル。ユダからはアミナダブの子ナションの供え物であった』といっている町々は滅ぼされ、あなたがりっぱな女であることの知られないように求めたので、ひれ伏して、叫んで、父の裸を現し、そのむすこ、娘およびこの町に下されたので恐れて言ったか、あなた自ら保証となられる。あなたが口で約束した銀の正確な額を告げた人はどんな様子をしても戦いにも堪えることができなかったから、下って行ったのかと尋ねられるでしょうか、求めなさい」。マノアは主に貸すのだ、女が来てユダに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる