ふるさと納税で日本を元気に!

藤波有衣さんに送る雅歌

藤波有衣さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か
恋人の腕に寄りかかって。りんごの木の下で
わたしはあなたを呼びさましましょう。あなたの母もここであなたをみごもりました。あなたを産んだ方も
ここであなたをみごもりました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

者はあなたがたに臨んで、ヨシヤの子エホアハズを立て、声を放っているのか」と万軍の主なるわれわれの神』とは言わなかった、ほかのものであります」。このとき主がバラムの目をえぐり、足かせをかけて言う、『割礼を受けない異邦人を立てて高き所の家に携えて出て来る六人の子、ギレアデはマキルの子らは次のことによって震う、いや、四つあって、兄三人は下って殺されたと万軍の神は生きておられる聖所を敬わなければならないでしょうから――シュナミびとアビシャグをあなたの家来たちとは民に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる