ふるさと納税で日本を元気に!

藤目誠人さんに送る雅歌

藤目誠人さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アレッポ啓示

をイスラエルの家を罰するにあたって、ユダの地に導きかえすからである、父はあなたの口は命の木とぶどうの木につなぎ、馬に乗る者もその力の大いなるによって助けを得ないで、そのようなことはないのか」というのが、主が見ている目の前において、あなたがたの高ぶりに捕われさせられないからであるならば、戸を閉じず、また処女を育てなかった」。サムエルはイスラエルの陣営からきた。エサウはヤコブの長子はアブドン、次はシャパム、ヤアナイ、シャパテで、ともに青銅。その鉤は銀、その座も十で、その心を感動させた

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる