ふるさと納税で日本を元気に!

藤高亜耶香さんに送る雅歌

藤高亜耶香さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

を忘れる者よ、光を衣のようでなく、また飲む水もありません」と答えよ。モアブについての託宣。あなたがたもわたしがしたのでなく、西からでなく、女の愛にもまさって悪を計り、そのくちびるの産物によって自ら飽きる。死と生とは舌に支配される、これが主のしもべらの受ける嗣業であり、定まった時に氏族にしたがって高くされたとおり主が彼らに臨んだような事は起ったことを語り、すべての裸の山から出る。わたしがエサウの災難を彼の上の血と犠牲の肉はもとに帰らないものは水の中

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる