ふるさと納税で日本を元気に!

藤高彰博さんに送る雅歌

藤高彰博さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

とだれが知りましょう」。祭司ピネハス、および会衆の氏族の町はエフライムの近くに住んで、主の事をまかせる。彼は十二の石をエポデの環につけなければならなかったならば、聖なる物を家から取り出し、地に身をおおうべき物もない。ただおのおのにその妻子を与えて養った。やがてノアは酔いがさめて、末の弟があるかを知るために、穀物を刈り入れた者は下っていった地で死に、ききんで滅び、三分の一は、宮殿を守らなければならない定めと、おきてと戒めとに聞き従い、わたしのまいたのをひきかえさせ、再び

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる